会社案内 戻る

お客様本位の業務運営に関する方針

1.受託者責任の忠実な履行(お客様の最善の利益の追求)

 当社は、お客様の信頼をあらゆる事業活動の原点に置いています。
 お客様から信頼を頂き、お客様にとってなくてはならない会社となる為に、お預かりした資産の運用、商品の提供や契約の締結等の当社業務全般においてお客様の利益を最優先いたします。
 具体的には次項以降の取り組みを通じ、上述の経営理念を企業文化として維持し続けます。

2.利益相反の適切な管理

 当社は、ご提供する商品の組成やお預かりした資産の運用に関して、お客様との利益相反の可能性がある事項について把握し、「利益相反管理方針」(リンク先参照)のもと適切な管理を行っています。
 「利益相反管理方針」では、例えば以下の事項についての管理方法を定めています。
 
 (1)議決権行使に関する利益相反
 (2)親会社が発行する有価証券購入に関する利益相反
 (3)商品組成における利益相反
 
 また、公募投信(以下、「ファンド」と言います)の勧誘・販売に当たっては、お客様の利益を最優先するため、お客様の立場にたって当社の商品、サービスを評価できる販売会社に勧誘・販売を委託します。

3.運用報酬等の明確化

 当社がお客様から受領する報酬については、「運用報酬等決定における基本方針」に則り、目標収益率やリスクレベルならびに商品提供スキームを鑑みて合理性のある水準で設定しています。
 また、次項の取り組みを通じ、お客様にご負担いただくコストを分かり易くお伝えできるよう、取り組んでおります。

4.重要な情報の分かりやすい提供

 当社はファンドを、販売会社を通じてお客様にご提供しているため、販売会社からお客様へ配布する資料や、当社HP上における情報提供等について、以下の取り組みを行っています。

  • <お客様への配布資料>
    • 読みやすいフォントや見やすいデザイン・配色による「わかりやすい資料」の作成。
    • シリーズファンドを一覧して比較できる合冊形式の交付目論見書の作成。

  • <ホームページ>
    • 「投信基礎知識」・「NISAってナニサ」・「リスクとの付き合い方~分散投資の重要性」等のコーナーを設け、基礎的な情報を提供。
    • 前月の振り返りおよび今後の見通しなど、投資環境に対する当社見解を月次で掲載。

 今後、「投資家目線でのわかりやすさ」を向上させるという観点から「わかりやすい資料」の作成に一層取り組むことに加え、ホームページ上での「動画配信」を強化していく方針です。

5.適切なサービスの提供

  • (1)商品提供に関する取り組み
    •  当社は、お客様の期待の一歩先を行くサービス(TMAM Quality)を提供すべく、お客様のニーズは元より、各種運用方法に関する調査、研究を積極的に行い、独自性のある商品の開発に取り組みます。
  • (2)運用に関する取り組み
    •  当社は、お預かりした資産に関するリスク管理の徹底、自社運用力の更なる強化、運用委託先に対する適時適切なモニタリング等を通じ、お客様へ提供する商品の品質、サービスの一層の向上に努めます。
  • (3)販売に関する取り組み
    •  当社のファンドに関しては、販売会社を通じてお客様に提供しています。顧客層を特に意識したファンドについては、販売会社に提供する販売用資料等に工夫を行い、想定する顧客層のニーズに即した情報提供を行っております。

 2016年10月に当社は東京海上不動産投資顧問(PIM)と合併いたしました。本邦運用会社では数少ない不動産も運用対象とする総合資産運用会社として、両社が培ってきたノウハウを融合し、多様化するお客様の投資ニーズに的確に対応するために、これまで以上に高品質の運用サービスをお客様に提供することを目指してまいります。  

6.お客様のニーズに基づいた運用、経営を担保する仕組み

 当社は、お客様のニーズに基づいた商品の開発、運用を行うため、お客様との間で利益相反を生じる可能性がある取引等に対しては、各種社内規程による制限の他、責任投資委員会、コンプライアンス委員会等を含む社内組織が主体となって継続的に管理を行います。
 利益相反に係る管理体制を含む内部統制の状況については、内部監査部が検証を行うとともに、独立社外取締役を含む取締役会においてモニタリングと定期的な見直しを実施します。
 また、受託者責任の観点を評価、処遇に反映させる等、受託者責任の忠実な履行を促す人事制度によりお客様の利益が社員の評価となる仕組みの整備や社員に対する継続的な研修を実施いたします。
戻る