投信基礎知識 戻る

4.投資信託にはどんなリスクがありますか?

リスクとは?

リスクとは、一般的には「危険性」と訳されていますが、投資の場合では、「儲かることもある一方、損をすることもある」、つまり「将来の損益がどうなるかわからない度合い(不確実性)」のことを指します。
リスクとリターンには、リスクが大きなものほどリターンが大きく、リスクが小さいものほどリターンが小さいという傾向があります。

投資信託のリスクとは?

投資信託は、値動きのある株式や債券に投資しますので、それらの価格の変動によって投資信託自体の価額(基準価額)が変動します。 したがって、元本が保証されている金融商品ではありません。
主なリスクとしては、以下のようなものがあります。

株価変動リスク
株価は需給により、常に変動します。一般的に、国内外の政治・経済情勢、企業の業績などの影響を受けます。 株式に投資する投資信託は、株価変動の影響を受けます。
為替変動リスク
円と外国通貨の交換レートは常に変動しています。外国の株式や債券などに投資する投資信託は、この為替変動の影響も受けます。
信用リスク
証券の発行体に関するリスクです。例えば、債券について言えば、発行体の倒産などの理由により、債券の利子や償還金をあらかじめ決められた条件で支払われないこともあります。デフォルトリスクともいいます。
金利変動リスク
金利の状況は絶えず変動し、債券の価格は金利動向の影響を受けます。一般に金利が上がった場合、債券の価格は下落し、反対に金利が下がった場合、債券の価格は上昇します。

リスクと上手くつきあうには?

資産の分散
資産を1つの金融商品にまとめて投資せず、値動きの異なるさまざまな資産に分散投資することで、リスクも分散し、安定性が増します。
長期保有
市場は、短期間でみると一時的な要因により大きく変動することがありますが、長期間でみるとこの変動リスクが小さくなる傾向があります。
時間の分散
1回に全額投資するのではなく、何回かに分けて投資する、または毎月一定額を積み立てるなどの方法で購入時期を分散させることによっても、リスクを小さくすることができます。
戻る